ペニスが大きくなる原理は血流とホルモン分泌が鍵

大きくなる

 

ペニスを大きくするために必要なもの、何かご存知ですか?
必要なものは2つ。
・血流増加
・ホルモン分泌
この2つによってペニスが大きくなります。

 

その理由を詳しく解説しましょう。

 

 

◆ペニスは血液によって勃起する
ペニスが勃起する仕組みをご存知ですか?
脳がエッチなことを感じると、神経を通じて全身の血液をペニスに集めるよう命令が下ります。
ペニスに集まった血液は、ペニスの海綿体細胞が吸収します。
海綿体細胞はスポンジのような細胞で、血液を吸収すると膨張して大きく硬くなります。
この膨張して硬く大きくなった状態が勃起です。

 

ペニスを大きくするためにはより多くの血液をペニスに集める必要があります。
なぜなら、ペニスに集める血液量が少ないと、海綿体細胞の膨張率が下がってしまい、勃起したとしてもフニャチンのまんまです。
これではペニスが大きくなったとしても勃起力が下がった状態なので、SEXの時に役に立ちません。

 

ペニスを大きくするには、勃起した時により多くの血液をペニスに集中させ、多くの血液を海綿体細胞が吸収できるように鍛えていく必要があるのです。
そのため、ペニス増大には血流を増加させる必要があります。

 

 

◆ホルモン分泌で海綿体細胞を成長させる
ペニスの大きさはペニスの細胞「海綿体細胞」の大きさによって決まります。
ペニスを輪切りにすると、上部に左右一対の「陰茎海綿体」と下部に1本の「尿道海綿体」が通っています。
尿道海綿体は真ん中に尿道が通っており、尿や精子を排出するための器官です。
陰茎海綿体には中央に動脈が通っています。
勃起する時はこの動脈に血液が流れ込み、陰茎海綿体が血液を吸収することでペニスが勃起します。

 

そんな海綿体の細胞で成り立っているペニスですが、海綿体細胞を大きくするには男性ホルモンと成長ホルモンの分泌が必要です。
男性ホルモン、成長ホルモンが分泌されることで細胞に作用し、海綿体細胞を大きくすることができます。
男性ホルモン、成長ホルモンは日々常に分泌されているのですが、その量はごくごく微量です。
最も分泌が盛んなのが睡眠時。
特に、深い良質な睡眠の時に多くの男性ホルモン、成長ホルモンを分泌します。
「寝る子は育つ」っていうのは、ホルモン分泌が活発になるせいだったんです。

 

そのため、ペニスを大きくするには良質な睡眠を取り、男性ホルモン、成長ホルモンの分泌を促進させる必要があるのです。

 

 

◆ペニスが大きくなるまとめ
以上のように、ペニスを大きくするためには2つのことが重要になります。
・血流増加
・ホルモン分泌
この2つをサポートするのが増大サプリです。
どんな形でサポートするのか、そして、どんな効果をもたらすのか、それは

コチラのページ

で確認してみて下さい。